健康的な精神が大切【精神病になってしまった時の対処法】

笑顔の男性

精神の病気は薬で治します

男性

精神病の治療は、今のところ薬に頼るしかありませんが、精神病にも個々人で症状の出方が少し違います。よって、対応策としては、自分にあった薬を早期に見つけ出して、副作用が出ない程度に適量使用することが肝要であると考えます。

病気について考える

悩み

見ることが出来ません

人間は健康な心身を備えていなければ、社会的に順調な活動を行うことができない場合があります。そのため、何らかの支障が生じると、改善をするための治療を受けることで回復を目指します。病気で身体に不具合が生じると、医療検査等を通じて原因を特定することから治療方針が決定されます。ところが、精神病は、名称通り精神的な疾患を意味するので、現代医学においては物理的に視覚化を行う技術は確立されていません。そのため、精神病は原因を特定することが難しくて、治療に必要となる期間が長期に亘ることが多い傾向にあります。また、患者自身も病気であることの自覚を感じないことも多く、精神病の治療を受けないままに日常生活に悩んでいる場合も珍しくありません。歴史的には社会的な誤解を抱えている時代もあって治療施設も限られていましたが、精神病に対する理解が普及し始めている上に疾患の適切な分類と有効な治療方法の確立も進められています。その結果、近年では数多くの医療機関で精神病に対応した診療科を設けています。

適切な対処が期待されます

人間が罹患する病気は時代と共に変異しながらも存在したことが、文献等の歴史資料から確認しています。一方で、従来は治療が不可能であった病気も、医療関係者等の研究や経験の成果で徐々に対処方法が確立されていくようになります。医薬品による薬学療法と罹患部位を除去する外科療法は、現在に至るまで最も有効な治療手段として確立されたことは広く知られています。ところが、精神病は精神に関する疾患であるため、患部の物理的な除去を行えない点が治療を困難にしています。従って、従来は医薬品を利用することによる症状の改善を目指すことが多い傾向にありました。しかし、一時的な健康の回復には効果があっても必ずしも疾患が治療された訳ではない事例があった結果、患者が精神病を抱えた状態で日常生活を送っている場合もあることが明らかになり始めました。そのため、近年では精神症状の改善による根本的な治療手段が重視されるようになっています。今後は、精神に関する理解が更に進んで有効な精神病治療が行われることが期待されます。

どういうものなのか

病院

精神病というのは、生まれつき、またはある特定の時期から常人とは異なる精神症状を示す病気です。ほとんどの場合、本人には「自分が病気だ」という自覚がありません。治療は精神科や心療内科で行われるのが、一般的となっています。

妄想や幻覚が起きる症状

看護師

精神病はうつ病などのストレスが原因で心に影響してしまう病気とは違い、先天性から環境などのさまざまな原因が考えられる病気です。現実的ではない言動や行動から、脳の神経を正常にコントロールしていかなければいけません。このような治療は専門病院で行われ、主に薬によって症状が抑えられていきます。

うつ病と認知症が増加傾向

悩み

精神病のうち、近年増加傾向にあるのが、うつ病と認知症です。いずれも脳の障害ですので、個人で生活習慣を改善することにより予防することができます。加えてうつ病については、会社にストレスチェックが義務化されます。企業単位でうつ病対策を講じることになり、患者数減少の効果が期待されています。

現場の現状です

病院

未だ儲け主義の精神科医療機関があるものの、医師が親身であったり、他の専門職のバックアップ体制がある精神科医療機関は人気傾向にあります。また、精神病の中でも統合失調症より気分障害も増加傾向にあるものの、その中でも認知症は今後かなり増えていくことが考えられます。