健康的な精神が大切【精神病になってしまった時の対処法】

男性

現場の現状です

医療機関の体制が鍵です

病院

精神病の治療には医療機関にて適切な処置を受けることがかかせません。しかし、未だ患者の治療というよりは従来の儲け主義のために精神科医療機関を運営しているところも多いのも現状です。 勿論、適切な治療を行ってくれる医療機関もたくさんあります。そのような医療機関は患者が多く集まり、診察待ちが生ずる程の人気ぶりとなっています。 特に、精神科医が患者の主訴を親身に傾聴してくれるところは人気傾向にあります。精神病の診断はほとんど患者の主訴から判断するため、医師が親身に傾聴することで、より正確な診断を下すことができます。また、親身な傾聴は患者自身の心が癒す効果も多いとされています。 また、医師だけでなくソーシャルワーカーなどその他の専門職のバックアップ体制がその医療機関にあると人気傾向にあります。精神病の場合、発病するとその後の生活に支障をきたすことも多くあります。したがって、その生活の支障を他の専門職が支援することで社会復帰がスムーズになるとされています。 以上のような医療機関は人気傾向にあります。

認知症が特に増加傾向です

精神病の代表的な疾患と言われる統合失調症はどこの時代、どの国においても発病率は全人口の1パーセント程、これは統合失調症と疑われる人の割合も含む内容となっています。そのため、今後もこの割合のままであることが考えられます。ただし、統合失調症が治る薬が今後開発されることになれば、この割合は減っていくことが考えられます。 一方、うつ病を含む気分障害は増加傾向にあります。診断基準がゆるくなったこともその要因として考えられます。しかし、今やストレス社会、不安定雇用の時代になったことからそちらの影響も大きいとされています。そのため、今後も増えていくことが考えられます。 最も増加が考えられる精神病は認知症です。認知症も精神病の中に分類されており、認知症による精神科の受診も可能となっています。今や高齢化が急速に進んでいることから、それに伴い認知症患者の数も急速に増えていくことが考えられます。したがって、今後精神科医療の現場では増え続ける認知症患者の対策をいかに行うかも大きな課題となっています。