健康的な精神が大切【精神病になってしまった時の対処法】

男性

精神の病気は薬で治します

精神の病気の発症原因

男性

現代において精神病と言われる病気患者が、急増傾向にあります。精神病には、うつ病や社会不安症候群、統合失調症などがありますが、いずれも脳内の神経伝達機構に不具合があるため発症する病気です。30〜40年前ならば、社会的認識が無くて、精神病患者は、怠け病などと言われて社会から異常視される存在となっていました。このことは、極めて不幸なことですが、社会においてそのような病例が少なく、理解が得られなかったためであります。しかしながら、この頃では、精神病は医学分野で発症のメカニズムも解明されて、精神病専門の医師に適切な治療法を施されるようになってきています。さて、精神病の発症の原因は、ストレスの溜め過ぎや、過労などが指摘されていますが、もともと精神の異常を起こしやすい体質なども大きく関係しています。精神の異常を起こさない予防策としては、とにかくストレスを溜めないこと、自己主張をすること、自分のリラクゼーションをできるだけ多く持つことだと思います。さらに、精神病の対策としては、何か趣味があれば休日はそれに没頭することです。

精神の病気の治療方法

精神病の治療法としては、今のところ精神科の医師に処方された薬を服用するしかありません。ただし、薬には正の面と負の部分があり、諸刃の剣でありますので、適切に服用することが重要です。一例をあげますと、精神病にはうつ病というものがあります。この病気の特徴としては、やる気が出ない、食事が進まない、人とのコミュニケーションがうまくいかない、などの症状を発症します。うつ病は、脳内で生成されたセロトニンという情報伝達物質が生理化学的に減少するために起こる病気であり、このセロトニンをプロテクトする薬剤で症状が軽くなります。薬剤は、色々なものが出回っていて、成分は同じであるが、苦みが無く飲みやすいなどの特徴を持ったジェネリック品が主流となっています。初期症状の方は、効果が比較的軽いものから初めて、その後の経過を見て薬を選択することをお勧めします。最初から大きな効き目をもたらす薬は、リラックス効果が大きい反面眠気や躁状態が出やすく、薬の負の側面で大きな失敗にもつながりません。よって、薬は自分の症状にあったものを適量利用することが重要です。